内村航平と妻(嫁)千穂の馴れ初め・出会い!略奪婚で横取り?離婚や子供も調査!

スポンサーリンク

東京オリンピック日本代表で元男子体操選手の、内村航平(うちむら こうへい)さん。

 

装飾
出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/053dc498ad1dca79f5f055ccd5250661bfdd6687

 

4大会連続五輪出場を果たした体操界のレジェンド内村航平さんは、現役を退かれた現在でも絶大な人気を誇っています。

 

そこで今回は、内村航平と妻(嫁)千穂の馴れ初め・出会い!略奪婚で横取り?離婚や子供も調査!ということで、内村航平さんと妻・千穂(ちほ)さんとの馴れ初めや離婚の噂、子供についてまとめました。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

内村航平と妻・千穂の出会い馴れ初めは?

 

内村航平さんは、2012年11月11日に一般女性の妻・千穂さん(旧姓:上谷)と入籍しました。

 

装飾
出典:https://petitwings.com/archives/21702

 

千穂さんは内村航平さんと同じ日本体育大学の出身者で、元女子体操選手。

 

全日本学生選手権で3位に入賞したことがある選手です。

 

そんな2人の馴れ初めや、略奪愛と噂される理由についてもご紹介します。

 

内村航平と妻・千穂の馴れ初めは略奪愛?

 

妻・千穂さんは2009年に内村航平さんと同じ日本体育大学へ入学しました。

 

千穂さんは内村航平さんの1年後輩にあたるため、2人は大学で知り合っていたようです。

 

しかし同じ大学とはいえ、大学時代にはあまり交流がなかったという2人。

 

内村航平さんは千穂さんのことを認識していた程度。

 

一方の千穂さんは、内村航平さんをずっと憧れの人だと思っていたのだとか。

 

そんな2人が急接近したのは2011年の春以降、共通の友人を介した飲み会で親交を深めていったようです。

 

そして2011年10月頃に交際がスタートしたと言われています。

 

内村航平さんと妻・千穂さんの交際ですが、略奪愛だと言われるのは一体なぜでしょうか。

 

実は内村航平さんには、大学時代から長期にわたりお付き合いしていた女性がいたのです。

 

その女性が元女子体操選手の岡部紗季子(おかべ さきこ)さん

 

装飾
出典:https://www.instagram.com/p/CjIfB8spz6z/?hl=ja

 

岡部紗季子さんはジュニア時代から輝かしい成績を残している超エリート選手で、田中理恵さんのライバルとも言われたほどの実力者。

 

内村航平さんと岡部紗季子さんは同じ朝日生命体操クラブに所属しており、2008年の北京オリンピック頃から4年ほど交際していたようです。

 

内村航平さんの家族にも公認の仲で、2人は結婚秒読みとも言われていたのだとか。

 

しかし2011年夏頃から、ロンドンオリンピックに集中するために内村航平さんと岡部紗季子さんは少し距離をとっていたそう。

 

ロンドン五輪で金メダルを目指す内村選手にとって、何よりも優先すべきことは体操でした。

しかし、彼女のほうは、2年前に大学を卒業してからは体操の第一線からは身を引いたみたいで…。

ふたりの間には微妙なくい違いが生まれていったそうです。

それでB子さんは内村選手のために、「ロンドン五輪が終わるまで」と距離を置くことを決めたんです。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20121206_158903.html?DETAIL&from=imagepage_f-h1)

 

その期間に妻・千穂さんが内村航平さんが所属しているコナミの友人に頼んで飲み会をセッティングしてもらったという噂があるのです。

 

千穂さんは内村航平さんに大学時代からずっと憧れていたため、チャンスが来たと思い「強烈な肉食アプローチ」をしたとの声も。

 

内村選手は体操以外になると超が付くほど奥手で、どちらかというと優柔不断で煮え切らないタイプの「草食男子」なんです。

ですから、押されるとめちゃくちゃ弱い。

B子さんへの気持ちがなくなったというより、A子さんの押しが勝ったということじゃないでしょうか。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20121206_158903.html?DETAIL&from=imagepage_f-h1)

 

これが本当であれば、千穂さんはなかなか積極的なタイプなのかもしれないですね。

 

ですが略奪愛に関しては、内村航平さんと岡部紗季子さんは千穂さんがアプローチするより以前にすでに破局していたとも言われているのです。

 

2012年8月の『女性セブン』では、内村航平さんの長崎時代からの知人の話が次のように報じられていました。

 

最近、別れたと聞きました。

詳しくは聞いていませんが、五輪が近づくにつれて内村はどんどん体操にのめり込んで集中していきましたからね。

会う時間が少なくなってしまったんじゃないでしょうか。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20120802_134885.html?DETAIL)

 

また、内村航平さんは2011年10月9日放送の『ボクらの時代』でも彼女がいないことを告白していたのだとか。

 

時期は正確には分かりませんが、ロンドンオリンピック前に「彼女がいない時期」があったようです。

 

もしかしたら距離を置いていたのではなく、2011年夏頃にはすでに別れていたのかもしれません。

 

いずれにせよ交際期間が被っていたかどうかは本人たちにしか分からないことですから、略奪愛というのは言い過ぎかもしれませんね。

 

内村航平と妻・千穂の結婚に母親が反対?できちゃった婚?

 

内村航平さんと妻・千穂さんは交際から約1年後、ロンドンオリンピック後の2012年11月11日に入籍しました。

 

2人はその1カ月後に第1子妊娠を発表、いわゆる「できちゃった婚」だったようです。

 

2013年4月19日には長女・斗碧(とあ)ちゃんが誕生しています。

 

幸せいっぱいな2人の結婚ですが、内村航平さんの母・周子(しゅうこ)さんは猛反対だったという噂があるようです。

 

内村航平さんの母・周子さんといえば、息子を溺愛する「名物母」とメディアでも有名な方。

 

装飾
出典:https://www.news-postseven.com/archives/20220120_1721028.html?DETAIL&from=imagepage_f-h1

 

大会の会場では常に最前列で、おさげ髪にハチマキ姿で息子を元気に応援する周子さんを目にします。

 

この周子さんが2人の結婚には反対していたという噂があります。

 

周子さんは“航平、航平”と溺愛している母親ですから、自分の手元を離れて息子が他の女性と一緒になるのが嫌だったみたいなんです。

「まだ早すぎる!」と猛反対したそうです。

お父さんが説得して、渋々認めたみたいなんですけど…。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20121130_157551.html?DETAIL)

 

当時はできちゃった婚というのにもなかなか理解がなかった頃ですから、そのことに関しても周子さんは納得できなかったようです。

 

内村は所属するコナミの関係者どころか、母校・日体大(日本体育大学)、日本体操協会にも事前に報告することなく極秘入籍しました。

報道を見て驚いた人は多かった。

しかも、内村にはそれまで長くつきあっていた彼女がいたのですが、その子と別れてすぐの結婚だったため関係者の間では二重の驚きでした。

周子さんは“つきあい始めてすぐにデキちゃった結婚なんて情けない”って怒り心頭でね…。

当然、彼女への心証もよくありませんでした。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20160817_439646.html?DETAIL)

 

結婚後も母・周子さんと妻・千穂さんの溝が埋まることはなく、「嫁姑バトル」が報じられたことも。

 

記事によると千穂さんが体操の試合会場には似つかわしくない露出度の高いギャルっぽい服装にピンヒールで現れ、周子さんがイライラしたこともあるのだとか。

 

実際のところ嫁姑問題があったのかどうかは分かりませんが、千穂さんと周子さんが試合会場で一緒に応援することはなかったようですね。

 

しかし周子さん自身は嫁との不仲を否定しているようですから、あくまで噂レベルの話だと思います。

 

内村航平と妻・千穂の離婚騒動の経緯

 

一時期は一緒にテレビ出演もされ、仲睦まじい様子を見せていた内村航平さんと妻・千穂さん。

 

2022年1月20日『週刊文春』で「モラハラ離婚トラブル」が報道されました。

 

どのような内容なのかご紹介していきます。

 

内村航平は妻・千穂を33キロまで激ヤセさせたモラハラ夫?

 

記事によると内村航平さんは「モラハラ夫」で、現在離婚するつもりで夫婦は別居中だというのです。

 

妻・千穂さん側の知人の証言をもとに次のような内容が報じられていました。

 

モラハラ内容①手料理を前に出前を注文

 

内村航平さんは千穂さんがハンバーグや野菜スープなどの手料理を用意していても、「ウーバー頼んだから」と自分だけ牛丼やピザなどを注文して食べることが多かったそう。

 

千穂さんは「作った料理を前に出前って、本当に悲しいよ」と友人に漏らしていたのだとか。

 

内村航平さんといえば偏食で有名で、大会前には「その時に食べたいものを食べる」と言っているほど。

 

トップアスリートですから、自分が食べたくないものは食べないというのもよく分かります。

 

ですが作った料理を前に出前というのは、妻からするとなかなか辛いかもしれませんね。

 

モラハラ内容②妻の体調不良に無関心

 

内村航平さんは千穂さんの体調不良に無関心だったようです。

 

2017年4月のある日、帰宅して体調が悪いことに気が付いた千穂さん。

 

「救急車を呼ぶかもしれない」と、先に寝ていた内村航平さんに伝えたのだそうです。

 

しかし内村航平さんは「ん」と相槌を打つだけだったのだとか。

 

その日はある大会が終わった直後だったという内村航平さん。

 

疲れていたのかもしれませんが、少し冷たいようにも感じますね。

 

モラハラ内容③お守り「そんなもの信じていないから」

 

内村航平さんのことを思い、怪我をしないようにとお守りを渡そうとした千穂さん

 

その際に内村航平さんから「そんなもの信じていないから」と冷たく言われたことがあるのだとか。

 

内村航平さんは以前にもインタビューで「そういうのは信じない。お守りも持ったことがないし。それよりも練習するだけですよ。」と発言していたことが。

 

トップアスリートですから、ゲン担ぎはしないというのも理解できます。

 

しかし用意したお守りを「そんなもの」と言われてしまい、千穂さんの心は傷ついたかもしれませんね。

 

モラハラ内容④心療内科に通う妻を理解しようとしない

 

前述のようなことが重なり、精神的にまいってしまった千穂さんは2020年6月くらいから心療内科に通い始めました。

 

内村航平さんはそんな千穂さんを理解しようとしなかったそうです。

 

「理解できない。自分の脳のことなんだからコントロールしろよ」と突き放した言い方をしたことも。

 

一緒に先生の話を聞いて欲しいとお願いされた際には、「行ったところで何も理解できないよ」と冷たく言い放ったそうです。

 

トップアスリートの内村航平さんご自身はメンタルも強いはず。

 

千穂さんの精神状態がなかなか理解できなかったのかもしれません。

 

2021年11月19日、精神的に追い込まれた千穂さんは身体の限界を感じて2人の娘と一緒に自身の実家へ帰ったのだそうです。

 

医師からは「摂食障害」と診断され、なんと体重が33キロ台にまで激減していたのだとか。

 

実家へ帰った10日後の11月29日に内村航平さんからLINEで「離婚の意思は変わらないのでとりあえず別居します」とメッセージが。

 

さらに「今後のこととか何か用事があるようだったら写メの人に連絡してください」と弁護士の名刺が写真で送られてきました。

 

1ヶ月後千穂さんが家に戻ると、内村航平さんの愛用品はなくなっており居場所も不明になっていたそうです。

 

記事の内容が本当だとすると、かなり一方的な気がしますよね。

 

千穂さんは『週刊文春』の取材に対して、「はい、私はそう(モラハラを受けたと)受け止めていますが、あとは夫に聞いて頂けますか」と答えたのだとか。

 

しかしこれらは千穂さん側の友人の証言ということですから、片方だけの話でモラハラだと断言するのはなかなか難しそうですよね。

 

それに離婚を言い出したのがモラハラをした内村航平さん側というのも、違和感がある気がします。

 

内村航平さんは取材には答えていないようですが、内村航平さん側の言い分というのがあるでしょうから何とも言えませんね。

 

「モラハラ離婚トラブル」について内村航平の親の反応は?

 

この『週刊文春』の「モラハラ離婚トラブル」報道を受けて、内村航平さんの母・周子さんは当時次のようにコメントしました。

 

(『週刊文春』で)報じられていることは、どうもあちらさんのご両親などがお話ししたことのようですね。

私たち、あちらのご両親とは、ちゃんとお話ししたことが今までもないし。

きっと、自分のお嬢さんに都合のいいことをお話ししたんじゃないかと思うんですよ。あることないことね。

息子夫婦や家族がこれからどういうことになるかは、当人じゃないので私にはわかりません。

航平本人に直接お聞きになるのが正しいのだと思いますよ。

引用:Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/58735cea363d0f62662c689fefc1244ec46441cf)

 

「あることないこと」と言っているあたりに、内村航平さん側の言い分があるように感じてしまいますね。

 

やはり、片方だけの話では真実は分からないということでしょうか。

 

また『週刊文春』の報道から1年後、現在の夫婦の関係について内村航平さんの父・和久(かずひさ)さんが次のように答えていました。

 

彼らも大人同士です。

それぞれ事情があって、そういう状態(※別居)になってしまっているわけですから、私たちからどうこう言うことはできないですよね。

それは周子も同じ考えです。

引用:Yahoo!ニュース(https://news.yahoo.co.jp/articles/58735cea363d0f62662c689fefc1244ec46441cf)

 

どうやら2022年12月現在も別居は続いている様子で、2人の子供とも会っていないということでした。

 

「今後、離婚が成立したら、航平がそういう報告をすると思います」と和久さん。

 

現在も離婚に向けて話し合いがされているということなのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

内村航平と妻・千穂の間に子供は?

 

内村航平さんと妻・千穂さんの間には、可愛い娘が2人います。

 

2013年4月19日に長女・斗碧(とあ)ちゃんが誕生。

 

装飾
出典:https://matomake.com/I0009509

 

2015年3月に次女・千碧(ちあ)ちゃんが誕生しています。

 

装飾
出典:https://matomake.com/I0009509

 

両親が元体操選手の斗碧ちゃんと千碧ちゃんですが、子供たちは体操をしているのか気になりますね。

 

以前公開されていた「内村航平に聞きたい100のこと」というインタビューでは、「2人とも体操をやらせていますが、体操選手になって欲しいとは思っていません」と答えていたようです。

 

子供は2人とも体操をしているようですね。

 

内村航平さんは体操選手になって欲しいとは思っていないようですが、親がすごい選手なだけあって期待してしまいますよね。

 

しかし体操選手になったら大変な思いをたくさんするはずなので、できれば子供たちにはそのような思いはさせたくないのだとか。

 

大変な思いをして素晴らしい成績を残してきた内村航平さんだから、そのように言えるのかもしれませんね。

 

体操一途に見える内村航平さんですが、別居する前はイクメンだと言われていることも。

 

彼の車の後部シートにはチャイルドシートがセットされています。

奥さんが忙しいとき、彼女の実家への子供の送り迎えは内村さんの役目。

普段の練習は午後3時くらいからなので、午前中はもっぱら育児をしているようです。

引用:女性自身(https://jisin.jp/sport/1621832/)

 

妻・千穂さんも「子供と一緒にはしゃいで遊んでくれているので、そういうところはいいパパだなと思います」と褒めていました。

 

夫婦関係が悪化する前は、素敵なイクメンパパだったのかもしれません。

 

そして自分にストイックな内村航平さん、子育てにもストイックな一面があるのだとか。

 

褒めたり励ましたりすることが下手って言われたことがあって。

完全にプライベートの話ですけど、奥さんに「思っていて言わないのってダメじゃない」と結構言われるんです。

たしかに僕、あんまり子供のことも褒めていないなあと。

うまくいっても「いや、まだできる」みたいに、ちょっと厳しめな一言を放っちゃったりしてるので。

だぶん自分に厳しいからだと思うんですよね。

引用:テレ朝ポスト(https://post.tv-asahi.co.jp/mirai/post-154656/)

 

2人の可愛い娘に甘々なのかと思いきや、少し厳しい時もあるようですね。

 

さすが体操界のキングといった感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ということで今回は、内村航平さんと妻・千穂さんとの馴れ初めや離婚の噂、子供についてご紹介しました。

 

  • 内村航平さんと妻・千穂さんの出会い馴れ初めは、共通の友人を介する飲み会で親交を深めた。
  • 内村航平さんと妻・千穂さんは2022年1月20日『週刊文春』で「モラハラ離婚トラブル」を報道され、現在別居中。
  • 内村航平さんと妻・千穂さんの間に娘が2人、長女・斗碧ちゃんと次女・千碧ちゃん。

 

今後も内村航平さんの活躍を応援していきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク