上田彩瑛の両親の学歴や教育方針がすごい!実家はお金持ちだけど職業も調査!

スポンサーリンク

ミス東大コンテスト2019グランプリの上田彩瑛(うえださえ)さん

 

出典:https://www.instagram.com/p/CLCHGQOn9f4/

 

上田彩瑛さんはミス東大に輝いただけでなく、東京大学の中でも最高偏差値の理科三類に通っていることから、

秀才でありながら美人だということが凄い!と注目されているんですね!

 

そんな上田彩瑛さんのご両親はどんな人物なのでしょうか?

 

ご両親(主にお母様の)学歴や職業、教育方針、そして実家のお金持ち疑惑など、

気になったことを調べてみました!

 

スポンサーリンク

上田彩瑛の両親の学歴や職業は?

 

上田彩瑛さんのご両親の職業や、学歴等も気になりますよね!

 

まずはお母さんからご紹介いたします。

 

上田彩瑛さんのお母さんのご職業は中高の英語教員だそうです。

 

【母】実は、私、中高の英語教員なんです。長年、生徒に進路指導もしてきたので慣れているのに、自分の娘のことになると勝手が違って。生徒には「大丈夫。頑張れば巻き返せるよ!」と言って励ましてきたけれど、娘の進路では弱気になっちゃった。

引用:https://president.jp/articles/-/38816

 

「中高」のと仰られているので、おそらく勤め先は大阪の中高一貫の私立学校なのでしょう。

 

お母さんの出身大学はわかりませんでしたが、高校は四天王寺中学校・高等学校に通われていたことがわかりました。

 

上田彩瑛さんのお母さんは自民党の松川るい議員のご友人だそうで、

上田彩瑛さんのことを四天王寺中高の友人のお嬢さん、と紹介なさっていますね。

 

出典:https://twitter.com/Matsukawa_Rui/status/1170887058010730497

 

四天王寺高校は女子校なので、松川るい議員の友人というのは上田彩瑛さんのお母さんのことを指しているとみて間違いないでしょう。

 

順当に考えると上田彩瑛さんのお母さんと松川るい議員は同級生だと思われ、

 

松川るい議員の生年月日が1971年2月26日であることから、

上田彩瑛さんのお母さんも1970年4月~1971年3月生まれで、(2021年11月)現在は50歳~51歳であると思われます。

 

上田彩瑛さんのお母さんの性格は少しおっちょこちょいだそうで、

ママ友とのおしゃべりに夢中になって幼稚園に娘を置いてきたり、中学入試のときに会場の地図を持たずに向かったり…というエピソードもあるようです。

 

上田彩瑛さんとの関係性はお母さんというよりお姉さんみたいな感じで、

一緒のダンススクールに通ったり、お笑い番組を見たり、東方神起のライブに二人で行ったこともあるんだとか。

 

とはいえ上田彩瑛さんはお母さんのことを「間違いなく、世界で一番、お母さんを尊敬している」と話していることから、

 

お姉さんみたいに仲がいいのに、尊敬の対象でもある、とてもいい関係性なのだと思います!

 

次に上田彩瑛さんのお父さんのことを調べてみましたが、

お父さんの情報は少なく、学歴や職業はわかりませんでした。

 

唯一分かっていることは、お父さんもお母さんもお笑いが好きで、家族間の会話もお笑いのネタのような流れで行われるときがあるんだそうです。

 

家族ぐるみでお笑いが好きな、愉快な一家なようですね。

 

上田彩瑛さんのお母さんは中高一貫校の英語教員で四天王寺中学校・高校出身。

上田彩瑛さんのお父さんはお笑い好きなこと以外の情報が不明。

 

だということがわかりました!

 

上田彩瑛の両親の教育方針は?

 

東京大学理科三類に現役合格した上田彩瑛さんの、ご両親の教育方針がとても気になりますよね。

 

調べてみると、上田彩瑛さんとお母さんのインタビューを見つけたので、教育方針が伺える箇所をご紹介したいと思います!

 

上田彩瑛さんが東京大学理科三類に合格できた理由に、昔から「勉強に抵抗がなかった」ことが大きく挙げられていました。

 

上田彩瑛さんが中学受験を控えた小学四年生の時、上田彩瑛のお母さんが大学院に入ることになったんですね。

 

家のリビングではお母さんが必死に勉強していたことで、上田彩瑛さんも抵抗なく勉強することができたそうです

 

上田彩瑛さんとお母さんは一緒のこたつに入って勉強していたこともあるんだとか!

 

【彩瑛】家に勉強しやすい環境があったのもありがたかった。いつも学んでいる姿を見せてもらってたよ。

【母】仕事が忙しくてあんまり手をかけてあげられなかったけれど、強いて言うと、私が勉強する姿を見せられたことはよかったかもしれない。教員を続けながらもっと学びたいと思って大学院に入ったのは、彩瑛が小4のときだったかな。その頃はリビングのテーブルに書きかけの論文や資料なんかがわーっと積まれていて。提出日前なんてもう必死で、話しかけられてもふんふんと受け流すことが多かった。

【彩瑛】でも、そうやってお母さんが隣で学んでいたおかげで、私も勉強することに抵抗感がなかったよ。中学受験の勉強のときとか、こたつの隅と隅で、2人で勉強していたことを覚えてる。

引用:https://president.jp/articles/-/38816?page=2

 

インタビューによると、上田彩瑛さんのお母さんは「勉強している姿を見せよう!」と意識していたわけでは無く、

「もっと学びたい!」と勉強していたら、それがたまたま上田彩瑛さんに良い影響を与えていたんですね。

 

その他にも上田彩瑛さんとお母さんのインタビューで挙げられていた、上田彩瑛さんの学力に関わっていそうなことは以下の通りです。

 

  • その日やることを紙にまとめて、終わったことは一つずつ定規で線を引いてつぶしていく、「やることリスト」を作る。
  • お母さんは相談には乗ってくれたが、最終的に決めるのは上田彩瑛さん自身。
  • お母さんに参考書を「これが欲しい」と言えばすぐ買ってくれた。
  • 上田彩瑛さんが生まれたての時、お母さんはずっと英語で話しかけていた。
  • お母さんというよりお姉ちゃんみたいな距離感で、互いに忙しかったからか反抗期も無し。
  • 東大・京大・国公立大医学部受験指導専門塾の「鉄緑会」に通っており、周囲に東大理三を目指している子が多かったことから、上田彩瑛さんも東大理三を目指せるようになった。

 

全体的に見えたことは、お母さんは上田彩瑛さんに勉強を強要することなく、自然に勉強しやすい環境に導いていた感じがします。

 

あと、英語教員をしている上田彩瑛さんのお母さん曰く、

男子は一気に成績が上がることがるけど、女子はコツコツ積み上げていったほうが結果が出る、という傾向があるんだとか。

 

仕事柄、多くの子を見てきて、男子は一気に成績が上がることがあるけれど、女子はコツコツ勉強を積み上げていくのが大事だなと感じていたので、小学校に入ってから勉強に集中するためのシステムづくりを一緒に考えていたね。

引用:https://president.jp/articles/-/38816?page=2

 

お母さんが現役で教育の場に携わっているからこそ分かることですね。

 

上田彩瑛さんのお母さんの教育方針をまとめると、

 

  • 上田彩瑛さんが幼いころから家庭内に勉強に適した環境ができていた。
  • お母さんは上田彩瑛さんの相談に乗ることはあれど、進路や方針の最終決定は上田彩瑛さんに任されていた。
  • お母さんは上田彩瑛さんが望む参考書をすぐに買い与えたり、塾に通わせたり、勉強のための金銭投資に協力的だった。

 

この3点が大切だったのではないか。と思いました!

 

上田彩瑛さんのお母さんの教育方針は、子を持つ親御さんにとってかなり参考になりそうですね。

 

スポンサーリンク

上田彩瑛の実家はお金持ち!

 

上田彩瑛さんのご実家はお金持ちである可能性が高いので情報を調べてみました。

 

まずは上田彩瑛さんのお金持ちっぽい経歴をピックアップしてみました。

 

  1. ピアノを小学校1年生~小学校3年生まで、バレエを小学校1年生~高校1年生まで習っていた。
  2. ダンススクールに通っていたことも。
  3. 中学受験をして高偏差値の四天王寺に受かっているため、小学生の時も塾に通っていた可能性大。
  4. 出身中学校・高校は私学の四天王寺中学校・高等学校。
  5. 高校時代、東大・京大・国公立大医学部受験指導専門塾の「鉄緑会」に通っていた。
  6. 大阪出身なのに東京大学に通っており、下宿していると思われる。

 

かなり多くのお金持ちエピソードを見つけました。

 

①、②の習い事は言わずもがな、一つにつき、毎月1万円を超えるお月謝がかかります。

 

発表会やコンクールではまとまったお金が必要になるので、経済的な余裕が無いとなかなか複数習わせることができませんよね。

 

中学受験もお金持ちの子供ならではだと思います。

 

四天王寺中学校・高等学校の学費は初年度が814,400円、それからも高校卒業まで毎年614,400円ものお金がかかりますから、

通っている生徒もお嬢様しかいません。

 

【四天王寺中学校入学時の上田彩瑛さん】

出典:https://www.instagram.com/p/B-9ipbdndww/

 

そして上田彩瑛さんが通っていた塾の「鉄緑会」は、成績優秀者が入る選抜クラスで年間40万円の学費がかかります。

 

それが中学校・高校の6年間通っていたのだとすると合計240万円ということになり、庶民が簡単に払える金額ではないですよね。

 

鉄緑会の学費は、週に2回選抜クラスに通うとして、年間40万円程度です。ですから、3年間合計して120万円ほどかかることになります。なお、選抜ではないクラスの場合はグッと下がって75万円程度で通えます。ただし、言うまでもありませんが、学費が安いからといって選抜クラスを避けるような生徒はこの塾には存在しません。

引用:https://nikkan-spa.jp/1698451/2

 

そもそも「鉄緑会」は中高一貫の名門校の生徒しか通えない塾なので、上田彩瑛さんは周囲もお金持ちの生徒しかいない中で育ったようですね。

 

そんな中高時代を経て、晴れて東京大学理科三類に合格した上田彩瑛さんですが…

 

出典:https://www.instagram.com/p/B-9ipbdndww/

 

実家は大阪にあるので東大に通うためには下宿をしなければなりません。

 

上田彩瑛さんは家庭教師や塾講師のアルバイトをしているそうですが、学業や芸能活動など忙しい中で、家賃や生活費のすべてをまかなえるぐらいお金を稼ぐのは無理だと思います。

 

なので実家からいくらかの仕送りがあってもおかしくないですよね。

 

上田彩瑛さんのご両親は上田彩瑛さんが幼い頃から習い事、塾、四天王寺中高の学費、予備校の学費、下宿の仕送りなど、

多くのお金を上田彩瑛さんの教育に投資されているようでした。

 

上田彩瑛さんが東京大学理科三類に合格できたのは、上田彩瑛さんの努力やポテンシャルと、両親の資金面でのバックアップが掛け合わされた結果なのでしょう!

素晴らしいです!

 

上田彩瑛の両親や実家について まとめ

 

上田彩瑛さんの両親や実家の情報について記事を書きましたが、いかがだったでしょうか。

 

上田彩瑛さんのような優秀な女性を育てたご両親ですから、最初は教育ママ的な方を想像していましたが、実際はお笑いが好きなバラエティ豊かな方で、

 

上田彩瑛さんの教育のために環境を整えたり、お金を出したり、アドバイスだけはするものの、最終的な判断は上田彩瑛さんに任せるという、比較的自由な教育方針でした。

 

上田彩瑛さんの経歴を見る限り両親は高収入のお金持ちで、

お母さんの職業は中高の英語教員ですが、職業が不明なお父さんも間違いなく高給な仕事をしているでしょう。

 

上田彩瑛さんの経歴も素晴らしいですが、上田彩瑛さんをここまで優秀に育てたご両親もすごい方だという事がわかりました!

 

ここまで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク