篠原涼子と元旦那・市村正親の馴れ初め、出会いは?結婚式や子供、離婚まで調査!

スポンサーリンク

数々の映画やドラマに出演している、女優の篠原涼子(しのはら りょうこ)さん。

 

装飾
出典:https://magazine.hitosara.com/article/1661/

 

2021年におしどり夫婦とも言われていた市村正親(いちむら まさちか)さんとの離婚を発表し、世間を驚かせました。

 

そこで今回は、篠原涼子と元旦那・市村正親の馴れ初め、出会いは?結婚式や子供、離婚まで調査!ということで、篠原涼子さんと市村正親さんの馴れ初めや子供、離婚の原因についてまとめてみました。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

篠原涼子と市村正親の出会い、馴れ初めは?

 

篠原涼子さんと市村正親さんは2005年12月8日に結婚したことを発表されています。

 

市村正親さんは劇団四季出身のベテラン俳優。

 

装飾
出典:https://www.horipro.co.jp/ichimuramasachika/

 

圧倒的演技力で同劇団の看板役者として努め、退団後は舞台作品以外に映画やドラマ、ナレーターなど幅広く活躍されています。

 

篠原涼子さんと市村正親さんは24歳差、結婚当時は親子ほども離れた年齢差と話題になっていました。

 

そんな2人出会いや馴れ初めを順にご紹介していきたいと思います。

 

出会いは舞台『ハムレット』での共演

 

篠原涼子さんと市村正親さんは、2001年に舞台『ハムレット』での共演をきっかけに出会ったようです。

 

『ハムレット』舞台画像
出典:https://twitter.com/cinema_cafe/status/743390810612207617

 

主演のハムレットを市村正親さん、その恋人役オフィーリアを篠原涼子さんが演じました。

 

『ハムレット』は篠原涼子さんの舞台デビュー作です。

 

慣れない舞台に不安を抱え、戸惑っていた篠原涼子さんを精神的に支えたのが市村正親さんだったのだとか。

 

演技について相談に乗ってもらっているうちに2人は急接近し、お互いに恋心を抱くように。

 

舞台公演が終わった頃から、2人の交際が始まったと言われているようです。

 

ちなみに篠原涼子さんはこの舞台の後、女優として大きく飛躍することに。

 

この舞台以降、数々のドラマで主役を演じトップ女優の仲間入りを果たしています。

 

篠原涼子と市村正親は不倫?略奪愛だった?

 

実は篠原涼子さんと市村正親さんの交際は「不倫」や「略奪愛」との噂があるようですが、その噂は本当なのでしょうか。

 

2人が出会ったとされる2001年当時、市村正親さんは既婚者でした

 

市村正親さんの元妻は舞台女優で元バレエダンサーの、八重沢真美(やえざわ まみ)さん

 

装飾
出典:https://shabelina.jp/6850

 

市村正親さんは、1984年に同じ劇団四季のメンバーであった元妻と入籍しました。

 

しかし市村正親さんは結婚当初からなかなかのプレイボーイで有名で、常に女性からモテていたそうです。

 

元妻である八重沢真美さんは、市村正親さんのたび重なる浮気にうんざりしていたのだとか。

 

市村正親の浮気癖が原因で、2001年頃にはすでに元妻との結婚生活は破綻していたと言われています。

 

2002年10月に元妻との別居が報道された際、市村正親さんは「妻が十数年ぶりに劇団四季の舞台に復帰するために仕事を優先する」と説明。

 

その後、2003年5月には元妻との離婚が成立しています。

 

八重沢真美さんは「いつかはこうなると思って子供も作らなかった」とコメントしたようですから、以前から夫婦仲は冷めきっていたのでしょう。

 

もともと結婚生活が破綻していたのであれば、篠原涼子さんとの出会いが元妻との関係悪化につながったという訳ではないはず。

 

略奪愛というのは少々言い過ぎかもしれません。

 

けれど篠原涼子さんと市村正親さんの交際がスタートしたのが、元妻との離婚以前であれば不倫ということになりますね。

 

実際のところは本人たちにしか分からないので、あくまでも噂レベルの話です。

 

篠原涼子の父親が結婚に猛反対?

 

2003年に市村正親さんと元妻との離婚が成立しすぐに結婚すると思われた2人ですが、そうはいきませんでした。

 

実は篠原涼子さんの父親が市村正親さんとの結婚に猛反対していたのだとか。

 

篠原涼子さんは2歳の時に交通事故で母親を亡くし、父親に男手一つで愛情たっぷりに育てられたそうです。

 

24歳という歳の差や、2人の関係が不倫や略奪愛と噂されていることもあり、愛娘と市村正親さんとの結婚が不安だったのでしょう。

 

父親に猛反対されても、篠原涼子さんは諦めず時間をかけて説得をしたのだそうです。

 

市村正親さんも何度も父親の元に通い、頭を下げたのだとか。

 

父親は次の2つのことを条件に、2人の結婚を了承したようです。

 

  • 孫の顔を早く見せること
  • 娘と生涯を共にすること

 

父親の娘への愛が伝わってきますよね。

 

無事に父親を説得し、2005年12月8日に篠原涼子さんと市村正親さんは結婚しました。

 

入籍から5年後の結婚式

 

篠原涼子さんと市村正親さんは結婚当時、お互いに多忙だったことやいろいろな事情もあり結婚式や披露宴は行いませんでした。

 

しかし入籍から5年後、2010年8月14日に結婚パーティーを開催しています。

 

篠原涼子さんの故郷である群馬県太田市にある「ロイヤルチェスター太田」を貸し切り、両家の親族のみ約50名を招待して食事会という形で行われました。

 

これは重い病気で闘病中の篠原涼子さんの父親のために、娘の晴れ姿を見せてあげたいと市村正親さんが提案したのだとか。

 

娘のウエディングドレス姿を目にした父親は、感激のあまり涙を流して喜んだそうです。

 

そして結婚パーティーの3日後、篠原涼子さんの父親は他界されました。

 

最後にウエディング姿を見せることができて、最高の親孝行になったのではないでしょうか。

 

おしどり夫婦と言われていた2人

 

結婚後の篠原涼子さんと市村正親さんはおしどり夫婦そのものだったようです。

 

入籍後の結婚会見では、市村正親さんは篠原涼子さんを「神様がくれた宝物」と表現

 

篠原涼子さんも「魅力的な人なら年齢は関係ない」と24歳差を気にしていない様子でアツアツっぷりを見せつけていたのだとか。

 

外出時には人目も憚らず手をつなぐ姿もたびたび目撃されていました。

 

市村正親さんはイベントや会見では「妻は若くてキレイだし最高!」と、ことあるごとに臆面もなく妻をベタ褒めしていたようです。

 

そして2008年、2012年に子供が生まれると、篠原涼子さんは仕事を減らして家のことに専念

 

市村正親さんも長男のために育児休暇を取得するなど、イクメンの一面を発揮していたそうです。

 

また2014年に市村正親さんに早期の胃がん発見の際にも、篠原涼子さんの良妻っぷりが注目されていました。

 

早期発見のきっかけは、篠原さんが普段の食事を細かく記録するレシピノートをつけていたおかげです。

市村さんの食べる量が減ったことに気がついて、検診を受けることができました。

篠原さんは仕事をキャンセルして手術を受ける市村さんを全力でバックアップしていました。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20210730_1679218.html?DETAIL)

 

篠原涼子さんはベランダを家庭菜園につくりかえ、新鮮な野菜をいつでも食べられるようにするなど懸命にサポートしていたそうです。

 

そのおかげもあり市村正親さんは2014年内に舞台に復帰、その勇姿を篠原涼子さんは子供たちと見に行ったのだとか。

 

2人が心から尊敬し、信頼しあった夫婦だったことがよく分かりますよね。

 

篠原涼子と市村正親が離婚

 

篠原涼子さんと市村正親さんは2021年7月24日に離婚されました。

 

おしどり夫婦とも言われた2人がなぜ離婚に至ったのか。

 

離婚の経緯や、離婚にまつわる噂など、順にご紹介していきたいと思います。

 

連名のFAXで離婚発表

 

2人は2021年7月24日に連名のFAXで離婚を発表

 

装飾
出典:https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/24/0014529617.shtml?ph=1

 

双方事務所は2人の子供の親権は市村正親さんが持ち、慰謝料や財産分与はないと説明しました。

 

市村正親さんは次のようにコメント。

 

昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。

しかし作品が続いたことで別居が基本の生活スタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました。

涼子との出会いは私の人生最大の喜びです。

そして可愛い子どもたちと出会わせてくれたことを心から感謝しています。

引用:スポーツ報知(https://hochi.news/articles/20210724-OHT1T51122.html?page=1)

 

そして篠原涼子さんも次のようにコメントしています。

 

舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません。

この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。

未熟な私を常に導いて気遣ってくれる大切な存在です。

なのにこのような状況になった事、なかなか理解しにくいと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました。

引用:スポーツ報知(https://hochi.news/articles/20210724-OHT1T51122.html?page=1)

 

2人のコメントからはお互いに対する感謝や尊敬の気持ちが読んでとれます。

 

しかし離婚の理由については「作品が続いたことで別居が基本の生活スタイルとなり」としか書かれていませんね。

 

2020年8月に「女性自身」に別居を報じられた篠原涼子さん。

 

所属事務からは「別居をしていることは事実です」と認めたうえで、「不仲が原因ではなく、ドラマの撮影で大勢の人と接することもあり、家族へ感染させないための一時的な処置です」と説明が。

 

あくまで別居はコロナの感染対策によるもので、別居が続くうちにそれが基本スタイルとなったというのが離婚の理由のようですね。

 

篠原涼子は夜遊びが激しかった?不倫の噂は?

 

2人の離婚は篠原涼子さんの夜遊びや不倫が原因といった噂もよく聞かれますが、その噂は本当なのでしょうか。

 

出産後は仕事量をセーブしていた篠原涼子さんですが、長男の受験が一区切りした頃からドラマや映画、舞台と再び仕事を増やし始めたそうです。

 

あのときは、ノリにノッていました。

もともと仕事好きで、仕事関係者と飲みに行くのも大好きだった篠原さんは、まるで独身時代に戻ったかのようでした。

引用:NEWSポストセブン(https://www.news-postseven.com/archives/20210730_1679218.html/2)

 

徐々に夜の外出が増え、日付が変わるまでおしゃべりに興じるようになった篠原涼子さん。

 

ある時はママ友らしき女性たちに「私のことをわかってほしいのよ」と愚痴のような言葉が止まらなかったといいます。

 

また、ドラマ『オトナ女子』で共演した江口洋介(えぐち ようすけ)さんと隠れ家レストランの個室での密会をキャッチされたことも

 

これは不倫ではなく「仲のいい飲み友達」ということだったようですが。

 

夜の外出は市川正親さんが地方公演で長期不在の間が多かったようですが、次第にその頻度も多くなっていったそう。

 

あるとき、市村正親さんは篠原涼子さんの夜遊びを注意したのだとか。

 

その時帰宅直後で高ぶっていた篠原涼子さんは、「もう別れたい」「離婚する!」と返したのだそうです。

 

70代で離婚だけは避けたいと思った市村正親さんは、ある程度なら自由にしてもらっていいからと容認するようになっていきました。

 

この話が本当だとすれば、市村正親さんはかなり器の大きい人だということになりますね。

 

さらに、篠原涼子さんは離婚から1カ月後の2021年8月、K-POPグループ「SUPERNOVA」のグァンスさんとの不倫疑惑を『週刊文春』に報じられています。

 

記事によると、離婚前から篠原涼子さんとグァンスさんは親密な関係にあったそうです。

 

グァンスさんは別居中の篠原涼子さんと同じ都内のマンションに住んでおりおそろいのアンクレットを身に着けていたのだとか。

 

この件に関しては本人たちは「ないですねー!」と否定していますし、真偽のほどは分かりません。

 

離婚の原因が篠原涼子さんの夜遊びや不倫だというのは、噂レベルの話ということになりますね。

 

離婚した後も「旦那さん」呼び?

 

篠原涼子さんは離婚後も市村正親さんを「旦那さん」と呼ぶなど、その独特な関係に注目が集まっています。

 

2022年2月9日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では離婚後の家族関係について、赤裸々に語っていたようです。

 

「(子どもたちは)生姜焼きやオムライスが好きだったり。

あとは旦那さんが違うものを食べたりするので、お刺身を買ったり焼き魚だったり。」

「主人は結構、自分でなんでも作れる人なので」

「酵素玄米は主人の方が食べるようにしてて、白米は子供が食べる。」

引用:スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/02/10/kiji/20220210s00041000295000c.html)

 

番組では、市村正親さんのことを未だに「主人」や「旦那さん」と呼ぶ篠原涼子さんの姿が

 

また「私が子供の家に行ってます」と、市村正親さんと子供が暮らす家に通っていることも明かしました。

 

視聴者からは「あれ? 篠原涼子って離婚したんじゃなかったっけ?」や「離婚した篠原涼子が、市村正親を主人とか旦那さんとか言ってるの違和感しかない」などの声が。

 

確かに一般人の感覚からすると、理解しがたい関係性なのかもしれないですね。

 

一方の市村正親さんは離婚後もずっと結婚指輪をつけたままなのだとか。

 

2022年7月4日放送の『徹子の部屋』では「長女を少し自立させようと思って、自立しまして。まあ、男3人で仲良く、楽しくやっていますけれども。」とコメント。

 

「先週の時は日曜日にママも来て、子供たちが馬に乗ってるのを見て、その後トランポリンやったり、打ちっぱなししたりして、7、8時間遊んで帰ったりとかね。」と家族での休日について明かしました。

 

このように離婚後も家族として親密に接している様子の2人。

 

離婚後お互いにストレスがなくなり、「今がいちばん仲がいいね」と言い合っているのだそうです。

 

離婚発表どおり、「新たなカタチ」の家族関係を築いているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

篠原涼子と市村正親の間に子供は?

 

篠原涼子さんと市村正親さんの間には、2人の息子がいます

 

  • 2008年5月10日 長男誕生、現在14歳
  • 2012年2月22年 次男誕生、現在10歳

 

どんな子供たちなのか、ご紹介していきたいと思います。

 

息子たちの将来の夢は役者?

 

長男の市村優汰(いちむら ゆうた)さんは現在ホリプロに所属

 

装飾
出典:https://twitter.com/yuta13ro/status/1601903072493867008

 

2021年10月にミュージカル『オリバー!』で父親の市村正親さんと初共演を果たしています

 

装飾
出典:https://news.mynavi.jp/article/20211004-1991810/

 

初の親子共演の心境を聞かれた市村正親さんは「最高!」と叫んでいたようですよ。

 

残念ながら、次男については名前や顔画像は公開されていませんでした。

 

市村正親さんは還暦目前で初めての子宝に恵まれたことが本当にうれしかったのだそうです。

 

長男の優汰さんが生まれたときには、「ああ俺の子だ、俺の次世代の人間だ」と強く思い「おまえのこと、59年間待ってたんだよ」とささやいたのだとか。

 

息子たちの将来の夢は、2人とも役者なのだそうです。

 

将来は、2人ともパパみたいな役者になりたいそうで。

上の子ははっきりと「自分はこの世界で生きたい」と言っていますし、下の子は「僕はパパがやった役を全部やりたい」って。

引用:女性自身(https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2006038/2)

 

長男の優汰さんはすでに初共演を果たしていますし、次男も将来は「歌舞伎役者になりたい」と言っているそう。

 

篠原涼子さんは息子さんたちを市村正親さんの出演している舞台すべてに連れて行っており、そのほか歌舞伎なども見せているのだとか。

 

「歌舞伎役者」と答えたのもその影響かもしれませんね。

 

息子たちの学校は青山学院

 

篠原涼子さんの息子たちの学校は、青山学院であると言われています。

 

篠原涼子さんが青山学院初等部に入学手続きのために訪れたのを目撃されていたようです。

 

長男の優汰さんは青山学院幼稚園で受験に失敗し、初等部受験で合格、現在は中等部へと進学しています。

 

次男は青山学院幼稚園に合格、初等部に内部進学

 

篠原涼子さんは女優業を1年半ほど休み、息子たちの受験のサポートに専念したのだとか。

 

ちょうど市村さんが入院していたころは、長男の幼稚園はお休みでしたが、小学校受験に向けて大事な時期でもありました。

篠原さんは長男のお弁当を作って、お受験用の塾に送り出した後、病院へ向かって市村さんの看護をし、帰宅後は次男の世話をするという日々を送っていました。

引用:女性自身(https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1611330/)

 

青山学院といえば、一度入ると大学までエスカレーター式で進学できる私立の有名校。

 

芸能人の子供も大勢通っていて、セキュリティ面でも安全な学校のようです。

 

安心して子供を預けられる学校を選んだのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ということで今回は、篠原涼子さんと市村正親さんの馴れ初めや子供、離婚の原因についてご紹介しました。

 

  • 篠原涼子さんと市村正親さんの出会いは舞台『ハムレット』での共演、当時市村正親さんは既婚者だった。
  • 篠原涼子さんと市村正親さんは、2005年12月8日に結婚した。
  • 篠原涼子さんと市村正親さんは、2010年8月14日に離婚した。
  • 篠原涼子さんと市村正親さんの間には、息子が2人。

 

今後も篠原涼子さんの活躍を応援していきたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク