奈月セナの手術跡(お腹の傷)の画像は?盲腸や帝王切開など病気の噂も調査!

スポンサーリンク

人気グラビアアイドルの奈月セナ(なつきせな)さん

 

出典:https://www.instagram.com/senap_official/

 

美人で胸が大きいことからファンが多い奈月セナさんですが、

DVDなどを見ているとお腹に手術痕のような謎の傷があることが話題になっています。

 

奈月セナさんのお腹の傷はいったい何なのでしょうか?

 

傷跡の画像や、何の傷なのかを調べてみました!

 

スポンサーリンク

奈月セナの手術痕の画像は?

 

まずは奈月セナさんの手術痕の画像はどんな感じなのでしょうか?

 

調べてみると…

この画像では奈月セナさんの下腹部(おへその真下)に、うっすら縦に入った赤っぽい線が見えますよね。

 

【勝手ながら画像の肌露出を加工させていただきました。楽しみにしていた方は申し訳ありません。】

出典:https://girlsnews.tv/dvd/348772

 

奈月セナさんの手術痕と噂されているのは、この傷跡の事だと思われます。

 

おそらくこの写真が撮影された時も傷跡隠しのメイクをしていたと予想されますが、

正面からフラッシュを炊いて撮影したせいでメイクが透けてしまったのではないでしょうか。

 

しかし奈月セナさんの傷跡がはっきりとわかるのは稀で、

奈月セナさんは普段のグラビア写真では傷をテープ+写真加工などで隠しており、まったく何もないかのように見えて傷跡がわかりません。

 

【勝手ながら画像の肌露出を加工させていただきました。楽しみにしていた方は申し訳ありません。】

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003246.000001719.html

 

しかしグラビアDVDでは完全に隠すことが難しいようで、

以下の画像のように、お腹に傷隠しのテープが張られているのを見ることができます。

 

【勝手ながら画像の肌露出を加工させていただきました。楽しみにしていた方は申し訳ありません。】

KISS 奈月セナ サンプル映像より
KISS 奈月セナ サンプル映像より
KISS 奈月セナ サンプル映像より

 

奈月セナさんのおなかにこの傷があることはファンの間では周知の事実だそうで、

特に奈月セナさんが傷について触れていないこともあり、この傷の正体はいろいろ邪推されているようです。

 

奈月セナさんの手術痕はいったいなぜついてしまったのでしょうか。

 

奈月セナの手術痕は何の病気?

 

この奈月セナさんのおなかの手術痕、一体何なのか気になりますよね。

 

赤い一本線なので、おそらく手術の痕だと思いますが、何か病気をして手術したことがあるのでしょうか。

 

調べてみましたが、奈月セナさん自身が傷について触れていないため、正解はよくわかりませんでした。

 

ネット上でよく噂されている理由は『盲腸』『中絶』『帝王切開』などが多いようですが…

 

結論から言うと、奈月セナさんの傷跡だけでは何の病気で手術したかは判断できないようです。

 

奈月セナさんの傷跡はおへその下を縦に切っており、この切り方は下腹部正中切開というそうです。

 

下腹部正中切開をしたとして考えられる理由は、

 

  • 子宮筋腫の摘出
  • 子宮頸がん
  • 帝王切開
  • 盲腸(可能性は低い)

 

このようなものが当てはまるようです。

(素人調べなので間違っていたらすみません。)

 

下腹部なので主に子宮などの病気が原因で手術したという可能性が高いようですね。

 

奈月セナさんがグラビアアイドルという事もあり、ネットでは『帝王切開』をして若い頃に子どもを産んだのではないか?という噂が一番多かったですが、

 

奈月セナさんが芸能活動を始める前のエピソードを見てみると、

 

高校1年生までは、「将来は安定した職に就いて親孝行しよう」と思い、看護師を目指していた。

 

とのことなので、奈月セナさんは学生の頃は真面目なようで、遊んでいるとは考えにくいです。

 

そんな奈月セナさんが子供を産んでいるとは思えません。

 

なので奈月セナさんの手術痕の理由は、子宮筋腫の摘出、子宮頸がん、盲腸のどれかではないかと予想します!

 

スポンサーリンク

奈月セナの手術痕について まとめ

 

奈月セナさんのおなかの手術痕について記事を書きましたが、いかがだったでしょうか。

 

奈月セナさんの手術痕はおへその下から縦に入ったもので、この切り方は下腹部正中切開というそうです。

 

何の病気で手術したのかは判断できませんでしたが、子宮筋腫の摘出、子宮頸がん、盲腸などの可能性があるようでした。

 

以上のことがわかりました。

 

ここまで記事を読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク