劉鵬飛(小原鵬飛)のインスタやTwitterは?前科や余罪も調査!顔画像がイケメン!

スポンサーリンク

美容サロン『YS Beauty Salon』の店長の小原鵬飛さんこと劉鵬飛容疑者。

 

劉鵬飛容疑者はまつ毛パーマの施術中に、女性客の体を触ってわいせつ行為で逮捕されたようです。

 

 

劉鵬飛容疑者とはいったいどのような人物なのでしょうか。

 

情報を調べてみました!

 

スポンサーリンク

小原鵬飛容疑者の事件の概要

 

劉鵬飛容疑者は4月2日に、会社員の女性の胸や下半身を触ったとしてわいせつ容疑で逮捕されています。

 

劉鵬飛容疑者は中国籍ですが、小原鵬飛と名乗り、美容サロン『YS Beauty Salon』の店長をしていました。

 

年齢は31歳だそうです。

 

劉鵬飛容疑者はサロンのまつ毛パーマの施術中に、液を乾燥中の女性客に「1000円追加すればマッサージをします」と提案し、マッサージと称してわいせつ行為に及んだんですね。

 

劉容疑者は「1000円追加すればサービスでマッサージします」と女性客に話し、まつげのパーマ液を乾燥中に、抵抗できない状態で犯行に及んだということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/058e9f6c5e61b7a53aac07a8c6f7dd31206c9a92

 

また、別の情報では、その際に女性客に「服が汚れるから」と、バスタオル一枚と紙パンツに着替えさせていたそうです。

 

「アロマオイルを使うので服が汚れる」などと言い、バスタオル1枚と紙パンツ姿に着替えさせて、マッサージをしながら犯行に及んでいました。

引用:https://proud-goto-8877.but.jp/archives/51280

 

この時点でとても不自然でしょう。

 

被害者女性はとても怖かったことでしょうね。

 

 
変なビデオの見すぎだよ

 

しかも劉容疑者のわいせつ行為は一度ではありません。

 

6月1日にも、同様の手口で別の女性客にわいせつ行為をし、再逮捕されていたようです。

 

更には、この店での同様の被害が警察署に寄せられており、余罪も調査中とのこと。

 

また、劉鵬飛容疑者は犯行を認め「スケベ心があった」と供述しているようです。

 

劉鵬飛容疑者はわいせつの常習犯だったようですね。

 

そんな劉鵬飛容疑者の美容サロンは、現在閉店しているようです。

 

早く余罪が見つかって、被害者が報われることを願いたいです。

 

劉鵬飛容疑者の顔画像は?

 

劉鵬飛容疑者の顔画像も気になりますよね。

 

どんな容姿をしているのでしょうか。

 

劉鵬飛容疑者の顔がわかる画像がこちらです。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/058e9f6c5e61b7a53aac07a8c6f7dd31206c9a92

 

継続的なわいせつ行為ということで、もっとヤバそうな見た目の方を想像していましたが、想像よりはまともそうな若者という印象でした。

 

美容サロンの店長をしているだけあって、美意識は高いのかもしれませんね。

 

一部のネット上ではイケメンと言われているようです。

 

しかし逆に、まともそうな人物がわいせつ行為を働いていたと思うと恐ろしいですよね。

 

劉鵬飛容疑者はなんどもわいせつ行為を働いており、罪の意識があるのかどうかが怪しいですから、しっかり法律で裁かれてほしいと思いました。

 

スポンサーリンク

小原鵬飛容疑者のSNSアカウントは?

 

劉鵬飛容疑者のSNSアカウントなどはあるのでしょうか。

 

調べてみましたが、特に該当するアカウントは見つかりませんでした。

 

もしかするとサロンの公式インスタグラムなどはあったかもしれませんが、現在は美容サロンは閉店しているため、ンスタグラムも削除されている可能性が高いです。

 

プライベートアカウントなども見つかりませんでした。

 

劉鵬飛容疑者のものだと思われるアカウントを見つけ次第追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

小原鵬飛容疑者に前科はある?

 

小原鵬飛容疑者に前科があるのかも気になって調べてみましたが、前科は見つかりませんでした。

 

常習犯ということですが、以前に逮捕されたことは無いようです。

 

ただ、現在進行形で余罪を調査中だそうなので、今後また再逮捕される可能性はあるのではないでしょうか。

 

今回は被害者が被害を訴えたおかげで、事件が表面化しましたが、他の被害者が泣き寝入りしている可能性もあると思います。

 

警察にはそのあたりもしっかり調べて、判決に繋げてもらいたいですね。

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク