小室圭はNYの生活費をどうする?マンションの家賃80万は税金払い?

スポンサーリンク

アメリカの司法試験に不合格になってしまった小室圭(こむろけい)さん

 

眞子様とご結婚され、新生活をNYで過ごすはずの小室圭さんですが、

 

司法試験が不合格になってしまいましたから弁護士にはなれず、弁護士助手として年収600万円で働くことになるようですね。

 

小室圭さんは既にNYにマンションを契約されているはずですが、家賃はどうやってお支払いするのでしょうか。

 

小室圭さんの新生活を調べてみました。

 

スポンサーリンク

小室圭のNY新居は家賃80万円!

 

小室圭さんの新居マンションについて調べてみたところ、

マンハッタンの高級住宅街アッパーウエストサイドの家賃80万円の物件なんだそう

 

関係者によると、ニューヨークでの新居もすでに確保。マンハッタンの高級住宅街アッパーウエストサイドにある家賃約80万円の物件とされる。現地では眞子さんも東大総合研究博物館で特任研究員として勤務したキャリアを生かして働くとみられており、勤務先はマンハッタンにあるメトロポリタン美術館の日本ギャラリーが有力視されている。

同館学芸員の年収は1500万円前後とされ、小室さんが弁護士として活動して得られる年収約2300万円と合わせると世帯年収は約3800万円になる。物価の高いニューヨークでの暮らしにもめどが立ちそうだ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cbb4558f4c2a0a899f1303af137716525c681acf

 

別の記事では新居の詳しい情報も見つかりました。かなりの高級物件のようです。

 

間取りは、いわゆる“ツーベッドルーム”。2LDKというと日本ではこぢんまりした物件もあるかと思いますが、2つのベッドルームにはそれぞれバスルームがついているのです。さらに大きなリビングルームとキッチンがついており、広さは約100平方メートルです。アパートメント内には居住者専用のジムもあります」

引用:https://jisin.jp/domestic/2031025/2/

 

引用部分では小室圭さんが弁護士として働かれた場合、眞子さんの収入と併せて3800万と書かれていますが、

 

司法試験に不合格となってしまった今、小室圭さんの収入は600万だそうなので、世帯収入は2100万とかなり減ってしまいます。

 

 

NYでの家賃は80万×12カ月なので、年に960万円の家賃を払わなくてはいけないようですね。

 

NYは日本よりも物価が高いので、世帯収入2100万円で80万円の物件で暮らすのは少し厳しい生活だと言えるでしょう。

 

小室圭の生活費は税金負担?

 

小室圭さん、眞子さん夫婦の生活費が足りなくなった場合、

足りないお金は日本の税金で賄われるのでしょうか。

 

眞子さんが皇族を離れられた今、一般人である小室圭さんと眞子さんの生活費用を税金で賄うなんてありえないことだそうです。

 

皇室ジャーナリストは「眞子さんが民間人となったので秋篠宮家や宮内庁は援助できない。夫婦でこれまでの蓄えから出すことになるでしょう」と指摘した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/cbb4558f4c2a0a899f1303af137716525c681acf

 

なので苦しくとも、小室圭さんと眞子さんは貯金を切り崩しながらの生活になるようですね。

 

スポンサーリンク

小室圭さんの新生活について 世間の声

 

スポンサーリンク