舞妓kiyoha(桐高清羽)の暴露は本当?働いていた花街のお茶屋はどこ?

スポンサーリンク

 

元舞妓のWeb作家、Kiyoha(桐高清羽)さんがTwitter上で舞妓業界の闇を告発し、話題になっています。

 

 

今回は舞妓kiyoha(桐高清羽)の暴露は本当?働いていた花街はどこ?

 

という事で、kiyoha(桐高清羽)さんの告発について調べました!

 

スポンサーリンク

kiyoha(桐高清羽)が舞妓の闇を告発!

 

Web作家のkiyoha(桐高清羽)さんがTwitter上で突然舞妓の闇について告発されました。

 

 

その内容がこちら

 

 

なんと、舞妓は16歳の時から飲酒をさせられ、お客として訪れた男性と混浴まで強いられているんだとか。

 

 
マジカ…

 

そして、kiyoha(桐高清羽)さんが告発されたのは飲酒や混浴だけではありません。

 

 

 

まとめると

 

  1. 未成年飲酒
  2. 客との混浴(お風呂入り)
  3. 旦那さん制度
  4. 客から胸や股を触られる事も日常茶飯事
  5. 5000万円で処女を売られそうになった
    (その5000万円も本人は貰えない)
  6. 携帯は持てない
  7. 給料は0円

 

などなど、とても現代日本とは思えないような舞妓の実態を次々に告発されています。

 

kiyoha(桐高清羽)さんの驚きの告発は真実なんでしょうか?

 

kiyoha(桐高清羽)の告発は本当?

 

kiyoha(桐高清羽)さんの告発によると、舞妓として働いていたのは今から5~6年前。

 

kiyoha(桐高清羽)さんが15~16の頃のようですね。

 

ただ、その時代に本当にkiyoha(桐高清羽)さんが舞妓として活動されていたかどうか、現時点では確かめようがありませんでした。

 

しかし、

 

 

ここまで言われているからには、kiyoha(桐高清羽)さんが嘘をついているとも思えませんよね。

 

 

こんな衝撃的な投稿や

 

 
本当なら怖すぎる…
kiyoha(桐高清羽)さんと同じように舞妓をやっていたという人からのDMでの告発。

さらには

 

京都人は皆知っている

 

と、とんでもない事を言い出す人まで現れました…

 

一応京都で生まれ育った筆者ですが、流石にそんなのは聞いたことがありません。。。

 

現時点ではkiyoha(桐高清羽)さんの投稿が真実かどうかを確かめる術はないんですが…

 

もしかしたら、今後何か動きがあるのかもしれません。

 

さらに、この告発ツイートを見た有志によって文章が英語に翻訳され、これからSNSで拡散されるようです。

 

 

2022年6月27日時点で

 

  • 7.1万件のリツイート
  • 6,895件の引用ツイート
  • 17万件のいいね

 

と大バズりしている舞妓業界の闇告発。

 

これが本当であっても嘘であっても、このままでは終わらないでしょう。

 

この件については続報があれば随時情報を更新したいと思います!

 

スポンサーリンク

kiyoha(桐高清羽)が働いていた花街はどこ?

 

kiyoha(桐高清羽)さんが働いていた花街はどこなんでしょうか?

 

花街って何?

花街(かがい)は、お茶屋や置屋が集まった地域のこと。 京都には「祇園甲部」「宮川町」「先斗町」「上七軒」「祇園東」の五ヶ所の花街があり、総称して「京都五花街」と呼ばれています。 それぞれに長い歴史や脈々と受け継がれてきた伝統が残されており、昔ながらの建物が軒を連ねる趣深い町並みは、今も人々を魅了します。

引用:https://www.arukumachikyoto.jp/

 

調べてみましたが、kiyoha(桐高清羽)さんが働いていた地域やお店(お茶屋)に関しても、現状では明らかになっていません。

 

もしkiyoha(桐高清羽)さんの告発が本当なのだとしたら、これらの情報も明らかになっていくのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク