早稲田大学のアカハラ女性准教授は上田路子?特定まとめ!顔写真・名前は?/ハラスメント

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

早稲田大学の女性准教授のアカハラが話題!

 

まずはその女性准教授と被害者学生の概要を見ていきましょう。

 

アカハラを働いた女性准教授の年齢は40代後半。

 

アメリカの名門大学で博士号を取得しており、既婚者で、なんとお子さんもいらっしゃるようです。

 

「米国の名門大で博士号を取得した40代後半の才媛です。自殺予防学の専門家としてテレビや全国紙に何度も登場。既婚者で子供もいます」(早大関係者)

引用:https://bunshun.jp/articles/-/55289

 

自殺予防学という方面で、かなり有名な女性教授だったようですね。

 

しかし現在はアカハラで処分され、大学を退職しているそう。

 

被害者男子学生のAさんは大学二回生(2015年4月~)から、女性准教授の助手として就くことになったそうです。

 

そして2017年に台湾への出張に同行することになり、そこで体の関係を迫られたことで、恋人関係のように扱われるようになったと言います。

 

「台湾の宿泊先に用意されていたのは同じアパートメントでした。A君が昼にベッドで横になっているとB先生が身体をまさぐりはじめ、『もうここまで来たのだから』と……。A君は性行為の経験もなく、拒否できなかったのです」

次第にAさんは恋人のように扱われ始めたという。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/55289?page=2

 

40代後半の女性准教授ですから、望んで恋人関係になるとは考えづらく、無理矢理だったと考えるのが自然ですね。

 

恋人関係になってからは、以下のようなことがあったそうです。

 

  • 手をつないで神楽坂でデート
  • 女性准教授の自宅に宿泊
  • 女性准教授の子供の送迎や夕食の準備をさせられる
  • 自宅や研究室での性交渉
  • 計4回、同泊の海外出張

 

男子学生Aさんは恋人関係を何度も解消しようとしたそうですが、博士課程への推薦状を書いてもらわないといけなかったため、強く断れなかったようです。

 

その後男子学生AさんはPTSDになり、大学に申し立てや訴訟をしたとこのと。

 

最終的には女性准教授は処分され、退職したそうですが、早稲田大学側が騒動を隠蔽したことでスクープが出たようです。

 

そしてアカデミックハラスメントというのは、このような、教授と学生の関係を利用した不本意な関係の強要を指すとのことです。

 

早稲田大学のアカハラ女性准教授は誰?

 

早稲田大学のアカハラ女性准教授は特定されているのでしょうか。

 

現在この女性准教授について、わかっている情報はこちらです。

 

  • 年齢は40代後半
  • アメリカの名門大学で博士号を取得
  • 既婚者で子供もいる
  • 早稲田大学政治経済学術院の准教授
  • 自殺予防学の専門家
  • テレビや専門誌など、メディアに何度も登場
  • 子どもは送り迎えをされる年齢であることからまだ幼い?(幼稚園~小学生)

 

早稲田大学政治経済学術院には6人の女性准教授がいるそうです。

 

しかし、メディアに何度も登場されている方は、上田路子(うえだみちこ)准教授という方しかいらっしゃいませんでした。

 

上田路子准教授の顔画像がこちら

 

出典:https://www.waseda.jp/top/news/65845

 

上田路子准教授の名前を検索すると、早稲田大学の研究者ページが消えていることから、現在は退職しているとみて間違いないかと思います。

 

しかし、上田路子准教授を断定する情報は現在出ていないため、まだ確定しているとは言えないかもしれません。

 

今後、より有力な情報が見つかれば、追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

世間の声

 

 

 

スポンサーリンク