美術館で破損の中学生の学校、名前や顔画像特定!壊された作品は何?/新潟/修学旅行

スポンサーリンク

新潟県の美術館に訪れた修学旅行の中学生が美術品を破損し、美術館が被害届を出したことが話題になっています。

 

被害にあったのは『越後妻有里山現代美術館MonET』という、現代美術作品を展示していた美術館です。

 

普通中学生が誤って壊してしまったとして、大変なことですが、被害届にまで発展することは少ないですよね。

 

いったいどのような経緯だったのでしょうか。

 

調べてみました。

 

スポンサーリンク

美術館の展示品を壊した中学生はわざと?

 

美術館の展示品を破損した中学生が、どうやら故意に破損させたのではないか?と噂になっています。

 

ニュースによると、破損した美術品は2点で、そのうち1点は修復ができない状態とのこと…。

 

市教育委員会によりますと、4月21日午前、十日町市にある越後妻有里山現代美術館MonET内に展示されている作品2点を修学旅行のため美術館を訪れていた中学生が破損したということです。

このうち1点は修復ができない状態だということです。

引用:https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20220606-00000005-NST-1

 

修復ができないということは、かなりひどい破損状態になってしまったということですよね。

 

子どもとはいえ中学生ですから、やっていいことと悪いことの違いぐらい分かる年齢のはずです。

 

また、美術館側は被害届を出したそうなので、対応から見て事故で破損してしまったわけではないと思います。

 

泣き寝入りにならないように応援したいですね。

 

 

美術館の破損した作品は何?

 

『越後妻有里山現代美術館MonET』の中学生に壊されてしまった作品というのは何なのでしょうか。

 

調べてみたところ、破損した作品は

 

  • クワクボリョウタ「LOST#6」
  • カールステン・ニコライ「Wellenwanne LFO」

 

この2点とのことです。

 

マナー違反による接触が原因と書かれています。

 

 

 

大切な作品が修学旅行の中学生に破壊されたというのはとても悲しいですよね…。

 

スポンサーリンク

美術館の展示品を壊した中学生の学校は?

 

美術館の展示品を壊した中学生は、どこの学校の生徒なのでしょうか。

 

調べてみましたが、新潟市内の中学校ということ以外はわかりませんでした。

 

新潟市教育委員会は6日、市内の中学生が修学旅行で訪れた十日町市の美術館の作品を破損したと発表しました。

引用:https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20220606-00000005-NST-1

 

美術品破壊の経緯がしっかり報道されれば、今後中学校名ぐらいは明らかになるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

美術館の展示品を壊した中学生は誰?

 

展示品を破壊した中学生個人についても調べてみましたが、情報は出てきませんでした。

 

未成年ということで、立件されても今後も情報が出ないと思われます。

 

とはいえ、さすがに新潟の地元では被害届が出されたことは知られているでしょうから、この中学生にはそれなりの償いをしてもらいたいですよね。

 

スポンサーリンク

世間の声

 

 

スポンサーリンク